インプラントで歯を取り戻そう|名医を見つけて安全施術

歯の末長い健康の為に

woman

人々は通常生後数ヶ月経つと、乳歯が生え始めます。その後、6歳前後で乳歯が抜けて永久歯へと生え変わります。永久歯は丈夫に保てば、その文字のごとく永久に使えることになります。実際には日ごろの手入れ不足や、加齢などにより高齢になればなるほど自身の歯を失い義歯等を装着し補っている人も少なくありません。兵庫県加古川市を含む全国の歯医者が加盟する日本歯科医師会では、8020運動とし題して、80歳まで20本の歯を残そうという運動がなされています。これを実現しようとする場合は、歯医者の協力が欠かせません。例えば、虫歯や歯肉炎など歯に関わるトラブルがあればもちろんのこと、予防歯科という面でも歯医者の存在は欠かせないものとなっています。

近年、8020運動にも叫ばれるように、生涯自分の歯で生活を送ろうとする人が増加しています。加古川市でもその傾向は同じで、多くの人が予防歯科の意味で加古川市内の歯医者に通院しています。予防歯科とは、虫歯などに罹患する前に、日頃の歯のケアをしっかりと行うということです。実際には、歯医者での歯石除去やブラッシング指導などがこれにあたります。小さな頃は、乳幼児を対象とした歯磨き指導や歯科検診などが加古川市やその他の自治体でも頻繁に開催されています。しかし大人になると、なかなか意識的に歯の健康について考える機会はありません。そのような点から考えても、自分の居住する地域にかかりつけの歯医者を持ち、定期的に予防に努める意識が大切です。