インプラントで歯を取り戻そう|名医を見つけて安全施術

歯の治療で不可欠な存在

teeth

歯の技工物の製作

歯科技工所とは、入れ歯や差し歯、銀歯等といった歯に関する技工物を製作するところです。通常、技工物は歯医者が患者から型を取り、その型を元にした技工物を歯医者が歯科技工所に発注、歯科技工所は技工物を製作して歯医者に納品し、歯医者が患者に装着するという流れになっています。歯科技工所で働く人、つまり技工物を製作する人は歯科技工士です。歯科技工士は国家資格です。従って、歯科技工士になるためには歯科技工士国家試験に合格しなければならないのですが、歯科技工士国家試験を受験するためには、大学や短期大学、専門学校等の養成機関を卒業しなければならないことになっています。また、歯科技工士は業務独占資格でもあり、歯科技工士、及び歯科医師以外は技工物を製作することが法律で禁じられています。

審美面の大きな役割

近年、歯の審美面に関する要求が高まっていますが、その要求を実現する役割の大部分を担っているのが歯科技工所だと言えます。つまり、歯科技工所の能力次第で、治療結果が大きく違うといっても決して過言ではない状況なのです。もっとも、患者が歯科技工所を指定することは不可能です。但し、審美面で評判の良い歯医者は能力の高い歯科技工所と提携していることになりますから、審美面に重きを置くのであれば、そういった歯医者で治療を受けるべきです。とはいっても、歯科技工所の能力は全体的にレベルアップしています。最新の技術を導入しており、また、高度な技術を習得している歯科技工士が技工物を製作していますので、過度な心配は無用だと言えます。